So-net無料ブログ作成
検索選択

ホテルの部屋は真っ暗闇、オマヌケな勘違い

  ホテル関係の話題で、とんだ勘違いをして、ツアーの仲間に大恥をかいたことがあります。

  桂林から広州へ入り、広州で1泊してから帰国という、最後のホテルでのことでした。

  以前にも書きましたが、その日は雷を伴ったひどい降りの雨で、広州の空港が一時閉鎖されたため、桂林で飛行機に乗ったまま少し足止めを喰いました。
なんとか遅れて飛行機は飛んだものの、今度は空港で荷物が行方不明になり出てこないというアクシデント。

  そういった複合的なアクシデントで、ホテルに入ったのが真夜中、明朝はかなり早い出発予定になっているという夜のことです。
もう疲れきって部屋に入り、あちこちの電源スイッチを押したのに何にも点灯しないんです。
テレビの電源も入れてみたけどまったく駄目。
外は激しい雨と雷が時々光ってました。

  自分はここで特有の自己判断を下します。
「きっと雷で電線でもやられて停電しているんだろう、なんたって中国のホテルだから、対応もできないでいるんだ」などというオマヌケな。
ホテルの中を普通に歩いて部屋に入ったくせに、自分の部屋が停電だなんて、今思えば信じられない馬鹿っぷりです。
  仕方なく簡単な荷物の整理やトイレへは、タバコのライターの火を付けて動いたりしてました。
もう真夜中で、数時間寝るだけのこと、フロントや他の方に確認する気もなく、早々にベッドに入ることに決めたのです。
真っ暗です、灯りと言えば時々光る雷だけという中、ただひたすら眠るしかない夜でした。

  朝は早いので、そのまま簡単に身支度を整えて、ロビーで他の方達と話している時に、「ずっと停電してましたよね、皆さんどうされてました?」などと聞くと、みんな呆気にとられているのです。

「ちゃんとついたよ、もしかして…… 、キーを入り口の差込に入れました?」

「エッ ??」

  自分は知りませんでした。多分疲れてガイドさんの話も上の空だったんでしょう。
普通にキーがぶら下がっている部屋番号を書いたプレート、それを差し込むシステムがあること自体から知りませんでした。

そういうシステムは、カードキーだけのものだと思ってました。
古いごく普通に鍵がぶら下がっているキーに、そんなシステムがあるということを、その時に初めて知ったのです。
その後は、中国でも韓国でもそういうのが多く、むしろカードキーの方が少ないということが分かってくるのですが、その時は恥ずかしいけど、カードキーしか知らなかったのです。

  そんなシステムも知らないで、停電だと思い込んで真っ暗闇の一夜を過ごした自分てなんだったんでしょう。
しかも、ご丁寧にみんなの前でお馬鹿ぶりを披露してしまうとは。

  中国だからこんなことも在り得る、そんなことを疑いもせず思った自分は、中国を馬鹿にして、かえって自分のそそっかしやのお馬鹿を再認識することになってしまいました(笑)
でもこのおかげで、どんなに古いホテルでも、どんなに古い型のキーでも、差込み電源の役割をするホテルが多いということを覚えて、ひとつだけお馬鹿から脱皮できたというお話でした。
  
  初めての海外旅行である最後の夜は、こんな一生忘れることのできない、すばらしい(?) 思い出を残してくれました(苦笑)

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ガイドさんからの注意事項 「タオルは貴重品」  

  ツアーの場合、バスの中などで添乗員さんやガイドさんから、いろいろな注意事項を聞きますが、その中で特に記憶に残っているのが 「タオル」のことです。

  これも最初に出かけた桂林での話です。

  「ホテルに備え付けてあるタオルは汚さないで下さい」と、ホテルへ入る前のバスの中で注意をされました。
  
  その後の中国ツアーではそんな注意は受けなかったので、地域限定かホテル限定かは定かではありませんが、とにかく変わった注意事項でした。

  ガイドさんが言うには、「中国では布製品は貴重品の部類に入るので、もしひどく汚したりすると、弁償をしなければならなくなります」 というものでした。
現に以前の日本のツアー客で、フルーツを食べたその果汁がとれなくて、弁償させられた人がいるというのです。
「ですから、間違っても靴の汚れなんかを拭いたりしては駄目ですよ、日本に帰ってからも請求書が届きますからね」と。
その辺は冗談なのか本当なのか見当もつきませんが、わざわざバスの中での注意事項にあげるというのは、全くの嘘や冗談でないのは事実でしょう。

  日本なんかでは、たいていタオルはサービスのようなもの、小さな旅館でさえ名前入りのタオルが使い捨て、持ち帰り自由という代物。
ホテルなどでセンスのいいバスタオルなんかがあると、それまで持ってきてしまったり、バスローブまでってことまであるのが現状です。
もちろん中国でタオルを持って帰る、なんて感覚はもってのほかですが。
汚してはダメってことは、泥棒になっちゃうんですかね、そういうことになりますよね。

  これも中国ならではの話で、しかも中国ならそういうこともあるかもな…なんて、すぐ納得できてしまうのがこれまた面白いところです。


  それから、トイレの紙は流さないで、備え付けのクズ箱に入れるんだとか。
自分は知らずに平気で流してましたが、これは他の人達から教えてもらいました。知ったあとも平気で流してましたけどね。 詰まらなくてよかったです。

  でもその時の注意にトイレの紙の話はなくて、タオルの話はあったんだから、やはりタオルの件の方が重要な注意事項…だったんでしょうね。
  
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

なんでこんな物を写したの? だって見たことないから~

画像整理中に見つけた、なんでこんなものを写したの?というものです。

でも、日本では見られないっしょ? 

  まず最初が、桂林の西街での紹介ページにも載せましたが、
   なんでこんなのが、西街の道路のど真ん中にあるわけ?
これって「耕運機」ですよね? あの田んぼを耕す時に使う。
まあ日本でもたまに農村で乗用にして、リヤカーなんかを引っ張ったりしてるのを、見かけたことはありますが、かなりの年代物の耕運機です。
しかも後に付いているホロがまた味があると思いませんか? それに天井に乗っけてるのはバケツ?
ひとつひとつを観察すると、すんごい乗り物です。相当に年老いた馬を無理やり馬車に仕立てているような…
d 西街 ブログ.JPG

  次は西安の「兵馬俑坑」のそばで、バスの車窓から見つけて、思わずシャッターを押してしまった画像です。
昔も昔、まだ自動車がさほど普及していない頃に、日本でも「オート三輪」たる乗り物が存在してました。
まあ、それのようでもありますが、やはりハンドルはバイク形式なんでしょうか?
そう言えば、前輪だけバイクのタイヤのような…?
なんか全体的に、いろんなパーツを無理やりくっつけたように見えるのは、自分だけですか?
車窓 (3).jpg

  最後は「桂林」の高速道路の料金所です。
この写真は、自分が中国で最初に写したものです。 この料金所を見た時に夢中でシャッターを押してました、夜中だということもすっかり忘れて。
小さなロープウェイのような、角張った感じがなんとも言えない雰囲気を醸し出しています。
その上に乗せた看板の存在も見事です。
西安近郊の料金所と比べてみてください。 なんでこんなに差があるの?
07.8.13高速料金所.jpg
こちらは西安近郊
車窓 (4).jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドラマ「大地の子」で見た貧しい家、それが今も生活の場

  中国をバスで移動する時、その見るからに貧しい粗末な建物をよく目にしました。

  初めて中国を訪れた「桂林」の郊外、一人参加で、隣に話す人もいないわけで、バスの窓外にずっと目を走らせていたのですが、 道路沿いには煉瓦造りの壊れかけたような建物、汚れた下着のシャツ姿の人々、けっして豊かではない生活が垣間見えてます。

  山間の道路に入った頃何気に、中国っぽい景色を見ていると、小さな小さな煉瓦を積み上げた建物が目に入りました。
ほんとに小さくてボロボロで、昔の建物が空き家になってほったらかしになってるのかな?そう思い込んだのです。
  そして、思い浮かべたのは、何年か前にNHKで放送され、俳優の上川隆也の出世作ともなったドラマ「大地の子」です。 生き別れになった妹が亡くなる時に登場した貧しい家、あれがこんな感じだったのかもしれないな(?)などと思いながら、そのままバスの中からその建物を目で追っていると、建物の脇に洗濯物が干してあるのに気付きました。

  じゃあ納屋なのかな(?)とその付近を見てみるのですが、他に母屋らしき建物は何もありません。
  戦後の貧しい時代の遺物が、そのまま放置されていると決めてかかって見ていた家が、今現在も人が生活している家でした。
人が生活しているなんて、とうてい思えないような、本当に小さくて壊れそうな建物なんですよ、そこに実際に生活をしている人がいると知った驚きといったら、まさにカルチャーショックでした。
  戦後60年以上も経った今も、戦後の貧しい時代を伝えるドラマの光景が、今もそのまま農村部には存在していること自体、本当に信じられないことですが、実際にこの目で見た真実の姿です。

  これもNHKの番組で、最近の医療の現状を伝えるものでしたが、大都市の大病院に農村部の患った人達が押し寄せ、おびただしい人の数になります。
病人自らも徹夜して待ち、それでも診察券が手に入る確証は無く、また次の日も徹夜をしなければならないという、医療の現場での有様です。
そして、その治療のために財産をも底をつくという医療費で、生活が困窮するという農村部の家族。
  しかしその一方で、それを上から見下すように、隣には超高級な金持ち専用の病棟が悠々と建っている。

  都市部の大きなマンションと、農村部の小さな壊れそうな家屋、その両方を目にしてきて、その現状が決して絵空事ではなく、今中国が直面している超超格差社会、それが実感としてわかる気がしています。

  今回は少し重いテーマになってしまいましたが、これも中国旅行での光景のひとつとして書いてみました。


《画像は、西安と桂林の農村部の一部です。これはまだいい方の家屋です》
西安近郊
車窓 (1)ブログ.JPG車窓 (6)ブログ.JPG
桂林近郊
車窓 (1)ブログ.JPG車窓 ブログ.JPG


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

見てきたから思う 「よくぞ間に合わせたオリンピック」

  画像を見直していて、すっかりツアーコースの上で忘れきっていたものがありました。
それがタイトルどおりの「オリンピックスタジアム」 通称「鳥の巣」です。

  あんな頃はオリンピックを控え、その存在がクローズアップされていた「鳥の巣」
みんながバスの窓から身を乗り出すようにして夢中になってましたし、走るバスからは写しにくい写真をしきりに撮っていたものです。
そんなこともどこへやら、もうオリンピックは過去のもの、とばかりに、コースの中に登場させるのさえ忘れてました。
  人の記憶なんて薄情なものです、あんなに注目していたのに、終わってしまったら話題にもならない。
今は「鳥の巣」どうしてるんでしょう? 閑古鳥の巣になっていたりして…(笑)

f 北京五輪メイン (1)ブログ.JPGf 北京五輪メインブログ.JPG
  冗談はさておき、あんな頃の話題を書いておきます。
我々が訪れたのは4月になろうかという頃なので、もうオリンピックの開幕までに5ヶ月をきってました。
画像をご覧ください。 まだまだ凄い状況で、建物は完成に近づいているのに、周囲はまるっきりそんな状態ではありませんでした。
  北京ガイドさんが、「我々中国人は、国の力を信じてやりきると信じてましたが、この状態を見ると無理かもしれないと、かなり不安になってきました」 と本音を覗かせてました。
それくらい周囲は植樹もはかどっていない荒地の状態だったのです。

  しかし、あの中国のお国柄、体質でよく間に合わせたものだと、実際にこの目で見て来た人間だから本当に驚かされましたね、あの開幕した時の姿には。
よっぽどお国の威厳を誇示するために、急ピッチで完成にこぎつけたのでしょう。
「底力を持ってるよ」 と改めて中国の人を見る目が変わりました。
ただ、だったら初めからその底力を発揮すれば、もっともっと楽な日程になったろうに、とも思いますが…(笑)


  あんなに話題になった中国でのオリンピック開催。
終わってしまえば、どんどん記憶から遠ざかり忘れていってしまう。
北京の空港だけにしかなくて、他の空港では入手できなかったオリンピックの正規のキャップ、姪のためにお土産に買ってきたけど、被ってもらえたんだろうか? 今頃はきっと箪笥の奥で肥やしになっていることでしょう。
我々の記憶と同じように。

【選手村】
f 北京五輪選手村 (2)ブログ.JPG  
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

台湾旅行中、我が家の猫は大パニック

  直接旅行話題ではないですが、これも旅行の思い出としては忘れられない出来事なので、書いておくことにしました。

  台湾への3泊4日の旅行、夜着の便なのでお昼過ぎに我が家を出ました。
犬のダックス嬢は犬の習性上、与えられた餌は見境無く食べるし、トイレシートの交換は必要だし、ということで送迎付きのペットホテルに朝預けてあります。

  猫のシャム君は、こちらはお利口なので餌は加減して食べるし、トイレはペット用のトイレ砂を2つ用意してあるので、4日くらいは大丈夫、ということでいつも安心して出かけられます。

  マンションのダブルロックをして、いざ出かけたのはいいのですが、セントレアに向かう電車の中からずっとです、何か不安のような、何かを忘れたような、いつもとは違う感覚がつきまとってました。

  吸っていたタバコは完全に消えていたはず、余計な電源は切ったはず、コンセントの節電スイッチも切ってきたし、ガスも使ってないから大丈夫、いろいろ思い返しても思い当たることがない。
猫の餌は充分に補充してきたし、ペットボトルの水も入れた、やることは完璧にやって出たはずなのに、一向におかしな不安が消えないまま。


  旅行中はそんなことは忘れてましたが、旅行を終えて地下鉄の出口を出て、我が家に歩いて戻る途中から、またいつもとは違う感覚。
マンションが近づくに連れて怖くなります。
「ちゃんとマンションあるよな? 我が家から火が出て…なんてことないよな」 そんなことを考えながら帰り着いたマンション。
  「無事だよ、何にもない、よかった」と部屋の鍵を開けドアを開けると………


 フギャ~ フギャ~ ガリガリと、遠くから猫の声と引っ掻くような音が聞こえる。

とにかく中へ入ると、猫の泣き喚く声がはっきりと聞こえる。
聞こえてくるのは、風呂と洗面所になっているドアの中からだ。

  そのドアを開けると、我が家のシャム君が声を嗄らしたガラガラ声で飛び出してきた。
驚いたのなんのって、出かける時にどこかで寝ているとばかり思った猫が、自分が出がけに髪をとかしに洗面所へ入った時に一緒に入り、そのまま隅にでも寝転がったようだ。
それを知らないものだから、自分はドアを締め切ってしまっていた。

  「じゃあ、まるっと4日間も飲まず食わずかよ、お前」

  風呂場はオシッコ臭い、壁紙は引っ掻いて破れている。
普段ならビシバシ叱るところだが、それどころではない。
声を嗄らして足元に擦り寄ってくる猫を抱き上げ、抱きしめたのは言うまでもない。


  猫ってトイレは結構我慢できるものなんですね、便はどこにもしてなかったし、オシッコは風呂場の中だけだから洗って換気扇を回せば大丈夫だし、パニックになっても世話のかからない、行儀のいい我が家の猫です。

  その日は猫も自分から離れようともせず、自分もいつもなら「うっとおしい」と追い払うけど、翌日に犬が戻るまでの間、一匹と一人は水入らずの時間を過ごしました。

  これもおかしなおかしな旅行の思い出です。
うっかりやの飼い主に飼われている、かわいそうな猫のお話でした。




nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

台湾の横断歩道は命がけ

  お隣の国を旅行していて、一番日本の良さを実感できるのが交通ルールでした。

  韓国でも歩行者信号が青なのに、車が突っ込んできて怖い目にあったことがあります。
  中国本土は交通ルール、あるんですかねぇ、ってな感じです。

  でも、本土のように交通ルールがあるかどうかもわからない、全てが危険と隣り合わせだと分かっていれば、それなりに覚悟して、一気に「そ~れっ!」って渡ることもできるわけですが、中途半端でかえって怖いのが台湾です。

  地下鉄の駅に向かったり、食事の場所を探すために歩いていて、細かったり広かったり、様々な交差点を渡らなければならないことがよくあります。

  もう怖い怖い、日本人には特に怖いです。
なぜかと言うと、ちゃんと歩行者用の信号が横断歩道に設置されているからです。
我々はそれを目安にして渡ろうとします、歩行者用が青なのだから、当然右折(台湾は車が右側通行なので)してくる車は歩行者が渡るのを待っていてくれる、そう思いますよね、日本人の感覚は。
歩行者優先に慣れきってしまっているから。

  だから平気で前に歩を進めようとします、ところが!来るわ来るわ、バイクの集団が。
次々に突っ込んできます、歩行者? 目に入ってません!
バイクは特に怖いです、まだ姿がないように見えても、突然に姿を現して突っ込んできますからね。
  「おい、どれだけ来るねん! いつになったら渡らしてくれるねん!」ほんと、そんな感じです。
台湾の歩行者は慣れてるから、それをかいくぐってうまく渡りますが、自分は歩行者優先に慣れてるから、戸惑ってなかなか渡れません。
初日は、歩行者信号が点滅しだして、やっとのことで渡ることができるという繰り返しでした。

  以前にも書いたかなあ? 青になったから渡ろうとしたら、バスが右折してきた、自分が渡りかけようとしていたのでバスは急ブレーキをかけた、こちらもバスが止まったから、「バスならプロだから歩行者優先だろう」と再び歩き出した。
そうしたら、バスも動き出す、こちらが渡るのなんか待っていてくれるはずもなかった。
もう危ないところでした。 バスの運転手を見たら怖い顔で睨んでいる、こちらも睨み返してやる。
でも、自分が止まったのを見るや突っ切って行きました。

  韓国でもよくあります、でも韓国は歩行者が負けじと渡れば、待っていてくれるからまだましです。
  台湾は絶対に待ってはくれません、歩行者は遠慮せえ!そんな感覚です。

  台湾の歩行者用信号はあてにはできない、右見て左見て、自分の目でよく見て渡りましょう。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

新品のスーツケースが中古仕様に変身して戻った中国旅行

  初めての海外旅行だった桂林ツアーで、一緒だった方の奥さんがこんなことを言ってました。
  「私、飛行機の窓から他の飛行機から荷物が降ろされるのを見てたけど、すごい乱暴だったから驚いちゃった、放り投げてるの」と。

その時は「えーっ、そうなんですか?」って聞いてました。その時の自分の荷物は、キャリーの表面が布仕様だったから、全然損傷とかは無いので、ただ単に話の種として。



  2度目のツアー、北京で飛行機から降ろされる荷物を、コンベアーで出てくるのを待っている時です。

  のちに「お母さん」と呼んで親しくなったおばちゃんの荷物が出てきた時に、そのお母さんはこう言ったのです。
  「わたしね、以前に中国旅行をした時に、スーツケースを壊されちゃったの、だから今回はどうでもいい古いスーツケースを選んで持ってきたの」って。
見ると本当に゛骨董品゛と言えるような古いスーツケースでした。

  自分は「またまた見栄張っちゃって、本当はそれしかないんでしょ」 と言葉には出さず、心の中でそう思ってました。 本当に自分ながらに嫌な性格をしてますねぇ(笑)

 そうして、やっと自分のスーツケースが出てきました。
「エッ うそ~」という、傷だらけのスーツケースに姿を変えて…。

自分のスーツケースは、今回で使うのが2度目、まだ韓国旅行に1度使用しただけで、本当に新品そうろうのスーツケースだったのです、前回の韓国では全く異常無く戻ってきたスーツケースが……

今回は傷だらけ…それもちょっとの擦り傷どころか、擦り傷まみれ
しかも擦り傷だけならまだしも、大きな引っ掻き傷が1本見事に刻まれています。

  目印にと、オークションで買ったセントレアのステッカーは切り裂かれ、ナゴヤドームで買ったドラゴンズシールは破れかかってます。
スーツケースの傷よりも、そのステッカーの方がショックだった自分も、かなり゛変゛ではありますが。


  前回の韓国旅行では何ともなかったのに…
    桂林ツアーの、あの奥さんの言葉、真実でした。
  そして、今隣にいる「お母さん」の言葉も納得できちゃいます。

お母さんに 「新品だったのに、こんなに凄い傷が付いてるよ」と言ったら、お母さんはしたり顔で 「そうでしょう、だから私は古いのをわざわざ持ってきた!(のが強調されてました)」  疑った自分、ごめんなさいでした。


  まあ、自分としては、新品丸出しよりも、多少使用した感があった方がいいけど、まさか2年間くらいフルに使用したくらいの姿に変えてもらえるとは、想像を遥かに超えてました。

  中身は無事でしたが、中国で飛行機に乗る時は、ビデオカメラなんかはきちんと衣類で何重にもくるんでおこう、改めてそう思いました。



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中国の人は空港でも カップ麺好き

  旅行メモリーは終わったけれど、時々書き忘れたことや思い出したことがあれば、その都度更新していきたいと思います。

  それで、今回は韓国編の方で麺のことを書いていて、ふと思い出したことがあります。

  関口知宏の中国鉄道大紀行、ご覧になったことありますか? 一筆書きで中国の鉄道を制覇してしまうという番組です。
この番組で、中国の人が列車の中で、しょっちゅうカップラーメンを食べている姿が映されてました。
関口さんもよくもらって食べてましたよね。

  中国を旅行していると、あっちこっちでカップ麺を食べている姿を目にしました。
中国は元々麺とは切っても切り離せない民族で、その麺の種類の多さはご存知のとおりです。
削ったパスタ風から長い長い一本の麺だけというものまで、本当に多種多様ですが、そんな国だから、なんとなくカップ麺自体がピンとこない感じです。

  でも、今の中国はカップ麺がトレンディ (もう死語ですか?) な食べ物みたいです。
まあ、麺好きな民族性と価格の安さが、普及のいい要素になったんでしょうね、きっと。

  列車の中で食べる分には、そんなにわからなくはないけど、それが空港のロビーや通路となると、ちょっと日本ではお目にかかることはないと思います。
値段が高いのは承知でレストランに入ったり、喉が渇けばコーヒーを飲んだり、それが普通の光景ですもんね。
でも中国では、空港のあっちこっちでカップ麺を食べている姿を見かけることができます。

  あっちでもこっちでも食べているから、自分が不思議に思ったのが 「お湯」 です。
空港の売店でカップ麺を買うと、サービスでお湯を入れてくれるのか? 単純にそう思ったんだけど、違ってました。
空港ロビー通路のあちこちに、見た事のない機械が設置されています。で、それを見つけて納得です。
「給湯器」でした。 北京だったかどこか思い出せませんが、面白い形をしていたので写真を撮りたかったけど、韓国や中国は軍事の関係で空港での写真は怖いのでやめました。

  まあ、列車の中でもお湯のサービスがあるんですから、考えられなくはないですけど、空港と言えば海外からの表玄関、言わば国の顔となる場所にまで、カップ麺がいつでも食べられる設備になっている。
それくらい現在の中国では、カップ麺がなくてはならない存在なのか、他の目的がカップ麺専用みたいになってしまっているのか、なんにしろ老若男女揃ってカップ麺民族になってました。

  ちなみに自分は、日本の空港ではカップ麺はよう食べません。
中国では?  うーん、これはちょっと不安で食べられないかも(???)


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。