So-net無料ブログ作成

台北 「忠烈祠」儀仗兵の交代式

忠烈祠・衛兵交代儀式 (19)ブログ.JPG
  以前に「国父紀念館」の交代式をアップしましたが、今回は「忠烈祠」の方です。

「国父紀念館」は孫文の像の前、こちらは戦死者の魂を祀る祠の前です。
そして、館内で行われる「国父紀念館」のピリッと張り詰めた厳粛なムードに比べると、屋外ということもあり、こちらの方が幾分イベント的な雰囲気は強いような気がします。
最後の2人の兵士が門の所定の位置に着き、儀式が終わると拍手さえおきていました。
国父紀念館では、館内で重い厳粛さがあるため、そんな雰囲気ではなかったので、イベント的に楽しみながら多少気楽に見学ができるのは、この忠烈祠だと感じました。

  ただ、写真やビデオの撮影に関してだけ言えば、この忠烈祠の方がかなり大変です。
以前のメモリーの方でも触れていますが、動く範囲が広い、そのうえ行進が早い!とにかく早いので、門の方から建物まで一緒に移動するのは小走りでないと無理です。
画像はブレる、撮影している前を通る他人を避けなければいけない、だから国父紀念館のものに比べると、かなり落ち着きのない(?) 動画になっています。

  時々立ち止まったりしたり、一連の動きの中にも一定の間が空くことがあります。
その次の動作に移る時には誰かが合図するんでしょうか? それとも体でその僅かな間さえも覚え込んでいるんでしょうか、体で全員が覚え込んでいるのなら、本当に凄い訓練、練習の成果なんでしょうね。
  毎日繰り返されるこの交代式で付けられた3本のラインの上を、けっしてズレることなく進む行進、もう感心する以外にありませんでした。


  動画は、実際の撮影順ではなく、式の進行の順にしてあります。
ですから、白の海軍、紺の空軍、モスグリーンの陸軍、行っている兵士の姿は一定ではありません。




nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。