So-net無料ブログ作成
検索選択

ガイドさんからの注意事項 「タオルは貴重品」  

  ツアーの場合、バスの中などで添乗員さんやガイドさんから、いろいろな注意事項を聞きますが、その中で特に記憶に残っているのが 「タオル」のことです。

  これも最初に出かけた桂林での話です。

  「ホテルに備え付けてあるタオルは汚さないで下さい」と、ホテルへ入る前のバスの中で注意をされました。
  
  その後の中国ツアーではそんな注意は受けなかったので、地域限定かホテル限定かは定かではありませんが、とにかく変わった注意事項でした。

  ガイドさんが言うには、「中国では布製品は貴重品の部類に入るので、もしひどく汚したりすると、弁償をしなければならなくなります」 というものでした。
現に以前の日本のツアー客で、フルーツを食べたその果汁がとれなくて、弁償させられた人がいるというのです。
「ですから、間違っても靴の汚れなんかを拭いたりしては駄目ですよ、日本に帰ってからも請求書が届きますからね」と。
その辺は冗談なのか本当なのか見当もつきませんが、わざわざバスの中での注意事項にあげるというのは、全くの嘘や冗談でないのは事実でしょう。

  日本なんかでは、たいていタオルはサービスのようなもの、小さな旅館でさえ名前入りのタオルが使い捨て、持ち帰り自由という代物。
ホテルなどでセンスのいいバスタオルなんかがあると、それまで持ってきてしまったり、バスローブまでってことまであるのが現状です。
もちろん中国でタオルを持って帰る、なんて感覚はもってのほかですが。
汚してはダメってことは、泥棒になっちゃうんですかね、そういうことになりますよね。

  これも中国ならではの話で、しかも中国ならそういうこともあるかもな…なんて、すぐ納得できてしまうのがこれまた面白いところです。


  それから、トイレの紙は流さないで、備え付けのクズ箱に入れるんだとか。
自分は知らずに平気で流してましたが、これは他の人達から教えてもらいました。知ったあとも平気で流してましたけどね。 詰まらなくてよかったです。

  でもその時の注意にトイレの紙の話はなくて、タオルの話はあったんだから、やはりタオルの件の方が重要な注意事項…だったんでしょうね。
  
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。