So-net無料ブログ作成
検索選択

台湾の横断歩道は命がけ

  お隣の国を旅行していて、一番日本の良さを実感できるのが交通ルールでした。

  韓国でも歩行者信号が青なのに、車が突っ込んできて怖い目にあったことがあります。
  中国本土は交通ルール、あるんですかねぇ、ってな感じです。

  でも、本土のように交通ルールがあるかどうかもわからない、全てが危険と隣り合わせだと分かっていれば、それなりに覚悟して、一気に「そ~れっ!」って渡ることもできるわけですが、中途半端でかえって怖いのが台湾です。

  地下鉄の駅に向かったり、食事の場所を探すために歩いていて、細かったり広かったり、様々な交差点を渡らなければならないことがよくあります。

  もう怖い怖い、日本人には特に怖いです。
なぜかと言うと、ちゃんと歩行者用の信号が横断歩道に設置されているからです。
我々はそれを目安にして渡ろうとします、歩行者用が青なのだから、当然右折(台湾は車が右側通行なので)してくる車は歩行者が渡るのを待っていてくれる、そう思いますよね、日本人の感覚は。
歩行者優先に慣れきってしまっているから。

  だから平気で前に歩を進めようとします、ところが!来るわ来るわ、バイクの集団が。
次々に突っ込んできます、歩行者? 目に入ってません!
バイクは特に怖いです、まだ姿がないように見えても、突然に姿を現して突っ込んできますからね。
  「おい、どれだけ来るねん! いつになったら渡らしてくれるねん!」ほんと、そんな感じです。
台湾の歩行者は慣れてるから、それをかいくぐってうまく渡りますが、自分は歩行者優先に慣れてるから、戸惑ってなかなか渡れません。
初日は、歩行者信号が点滅しだして、やっとのことで渡ることができるという繰り返しでした。

  以前にも書いたかなあ? 青になったから渡ろうとしたら、バスが右折してきた、自分が渡りかけようとしていたのでバスは急ブレーキをかけた、こちらもバスが止まったから、「バスならプロだから歩行者優先だろう」と再び歩き出した。
そうしたら、バスも動き出す、こちらが渡るのなんか待っていてくれるはずもなかった。
もう危ないところでした。 バスの運転手を見たら怖い顔で睨んでいる、こちらも睨み返してやる。
でも、自分が止まったのを見るや突っ切って行きました。

  韓国でもよくあります、でも韓国は歩行者が負けじと渡れば、待っていてくれるからまだましです。
  台湾は絶対に待ってはくれません、歩行者は遠慮せえ!そんな感覚です。

  台湾の歩行者用信号はあてにはできない、右見て左見て、自分の目でよく見て渡りましょう。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。