So-net無料ブログ作成

新品のスーツケースが中古仕様に変身して戻った中国旅行

  初めての海外旅行だった桂林ツアーで、一緒だった方の奥さんがこんなことを言ってました。
  「私、飛行機の窓から他の飛行機から荷物が降ろされるのを見てたけど、すごい乱暴だったから驚いちゃった、放り投げてるの」と。

その時は「えーっ、そうなんですか?」って聞いてました。その時の自分の荷物は、キャリーの表面が布仕様だったから、全然損傷とかは無いので、ただ単に話の種として。



  2度目のツアー、北京で飛行機から降ろされる荷物を、コンベアーで出てくるのを待っている時です。

  のちに「お母さん」と呼んで親しくなったおばちゃんの荷物が出てきた時に、そのお母さんはこう言ったのです。
  「わたしね、以前に中国旅行をした時に、スーツケースを壊されちゃったの、だから今回はどうでもいい古いスーツケースを選んで持ってきたの」って。
見ると本当に゛骨董品゛と言えるような古いスーツケースでした。

  自分は「またまた見栄張っちゃって、本当はそれしかないんでしょ」 と言葉には出さず、心の中でそう思ってました。 本当に自分ながらに嫌な性格をしてますねぇ(笑)

 そうして、やっと自分のスーツケースが出てきました。
「エッ うそ~」という、傷だらけのスーツケースに姿を変えて…。

自分のスーツケースは、今回で使うのが2度目、まだ韓国旅行に1度使用しただけで、本当に新品そうろうのスーツケースだったのです、前回の韓国では全く異常無く戻ってきたスーツケースが……

今回は傷だらけ…それもちょっとの擦り傷どころか、擦り傷まみれ
しかも擦り傷だけならまだしも、大きな引っ掻き傷が1本見事に刻まれています。

  目印にと、オークションで買ったセントレアのステッカーは切り裂かれ、ナゴヤドームで買ったドラゴンズのシールは破れかかってます。
スーツケースの傷よりも、そのステッカーの方がショックだった自分も、かなり゛変゛ではありますが。


  前回の韓国旅行では何ともなかったのに…
    桂林ツアーの、あの奥さんの言葉、真実でした。
  そして、今隣にいる「お母さん」の言葉も納得できちゃいます。

お母さんに 「新品だったのに、こんなに凄い傷が付いてるよ」と言ったら、お母さんはしたり顔で 「そうでしょう、だから私は古いのをわざわざ持ってきた!(のが強調されてました)」  疑った自分、ごめんなさいでした。


  まあ、自分としては、新品丸出しよりも、多少使用した感があった方がいいけど、まさか2年間くらいフルに使用したくらいの姿に変えてもらえるとは、想像を遥かに超えてました。

  中身は無事でしたが、中国で飛行機に乗る時は、ビデオカメラなんかはきちんと衣類で何重にもくるんでおこう、改めてそう思いました。



nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。