So-net無料ブログ作成
検索選択

時速431kmを体感  ~上海リニモ~

2008.4.3

楽しかった中国四都市巡りもいよいよ終わりです。

  上海、いえ中国が誇る「リニアモーターカー」で空港へ向かいます。
まだまだ新しいたたずまいを見せる「滝陽路」の駅駐車場で上海ガイドさんと別れます。彼女はまたすぐ別のツアーの仕事に合流するとか。お疲れ様です。

さて、「滝陽路」の駅、ここから空港まで30キロを、およそ7分強で結ぶというリニアモーターカーに乗ります。
駅の造りは本当に近代的です。
チケットを北京から同行のガイドさんに購入してもらい、改札を入りますが、手荷物検査があります。
もう、帰るだけの一行ですから、荷物はいっぱいなので面倒でしたが、仕方ないですね、このスピードの中で事故が起きたらとんでもない事態になるのですから。

  ホームへ向かうと、あらら、残念。 もう停車してます。
  飛行機のチェックインにはギリギリの時間だから、これに乗るしかないようです。
  入ってくるところの写真が欲しかったな、と思うおのぼりさん的好奇心の自分には、ちょっと残念な結果でした。

入った車内は
   当然普通車両ですが、想像よりは広めで、座席等はいたってシンプル。
   もっと豪華な座席を想像していたので、ちょっと意外な感じです。
   かなり席が埋まってきてるので、後の車両に移動して座り込みます。

発車です、が、振動もないエレベーターが横へ動くようなスーッとなめらかな発車です。
揺れも少ないです、本当に凄いスピードで走っているの?
車内だけを見ていても猛スピードで走っている感覚はなし、ただ、連結部の上にあるスピード表示の電光でどんどんスピードを上げていることだけは確認できます。
3分を過ぎたころだったか、記憶は定かではありませんが、ついに出ました
           「431キロ」の表示です。 他の人が写真を撮ったので自分も。
でも、そのほんの少しの間だけでした。 スピード表示はこれを境に下がってしまいました。

  下がったと言っても依然として猛スピードは変わりません。

  外の景色、高速道路が並行して走っています。
  車が止まって見えるよーー! 高速道路を走っている車だから遅いわけではないはずなのに、止まって見える車がどんどん後方に消えていきます。

  一度だけ、リニア同士がすれ違ったのですが、何か黒い影と衝撃らしき感じが、と思ったらもうありません。
  鳥がバッと横切ったようなイメージでした。

もうあとはどんどんスピードを落とし、空港の建物が見えてきます。

もう、到着? もっと乗っていたかったなー。 10分もない夢のような感覚は終わりました。
到着してから、添乗員さん達が急ぐのを尻目に、大慌てで走って行って写真を撮ったのは言うまでもありません(^^♪
c リニモ (1)ブログ.JPGc リニモ (3)ブログ.JPG

5泊6日の中国の旅、こうして終わりました。
北京からずっと一緒だったガイドさんと別れ、セントレアでツアー仲間、添乗員さんと別れ、またいつもの代わり映えのしない生活に戻ります。

雪の残る北京から始まり、初夏の暑さの上海で終わった旅、この後風邪をこじらせて5日ほど寝込みました。
気温の変化もさることながら、あんな喘息のようなひどい咳の続く風邪は初めてだったから、多分空気が汚れてたんでしょうねぇ。もう辛い症状でしたよ。

また会おうね、と電話番号を交換した、あの「お母さん」とも連絡をとっていません。 現実はこれです…

駆け足で振り返った「お隣の国、旅行メモリー」はとりあえず終わります。
読んでくださった方、ありがとうございました。
また、続きが書ける旅行ができたらいいな、そう思います。

この後しばらくは、「韓国1人旅」で、1月と3月の訪韓の様子を書きたいと思います。
暇と興味があったらまた覗いてみてください。
nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。