So-net無料ブログ作成

都会の中の別世界  ~豫園~

上海メインの観光地 「豫園」へと向けバスは走ります。
ここで、上海の特別ガイドとして、若い女性のガイドさん(きれいでした)が合流します。

余談ですが、北京から同行のガイドさんが、北京は首都だけど近代化では到底上海には及ばない、だから上海の人は北京を一種田舎感覚で、上から見る感じがあるんですよ、とこぼしてました。

オリンピック、そして2010年への万博へと向けて、上海も急ピッチで変貌を遂げているそうです。
値段を聞くとびっくりするようなマンションが林立し、超高層ビルが立ち並ぶ中を抜けて行きます。でも、その陰に貧しい家並みや、ボロボロの世界が同居していたのが、とても印象的でした。
d 車窓からの町並 (4)ブログ.JPGd 車窓からの町並 (3)ブログ.JPG

豫園近くの駐車場から少し歩きます。 そばには近代的な高層ビルが見えます。
道すがらの手足の無い物乞いの方の姿とは対照的に、華やかな人の群れが行きかう「豫園商場」を見ながら、いよいよ「豫園」へと入ります。
入ってすぐに「江沢民」の書石が出迎えてくれます。

「豫園」自体はけっこう気に入りました。古い歴史的建造物大好き人間ですから、江南風格と呼ばれるその独特な建築物は、あっちもこっちも写真に残しておきたい、そんな気分です。
でも、思ったより狭くて、建物間が混みあっているから、写真はなかなか撮りにくいです。
全体を撮りたいのに、もうそこからは下がれないから、中途半端なアングルにしかならない。
被写体として残したいものはやたらあるんですけどね。
  中でも「龍壁」 あれは凄いですね。ながーい龍が壁の上を這う姿は。
  それと、屋根の上にいる「三国志」のヒーロー達、天気がよすぎて見難かったけど印象に残りました。
とにかく、庭園と建物が調和したたたずまいは本当に見事でした。


a 豫園 (1)ブログ.JPGa 豫園 (8)ブログ.JPGa 豫園 (9)ブログ.JPGa 豫園 (11)ブログ.JPGa 豫園 (12)ブログ.JPGa 豫園 (13)ブログ.JPGa 豫園 (15)ブログ.JPGa 豫園 (16)ブログ.JPGa 豫園 (19)ブログ.JPGa 豫園 (20)ブログ.JPGa 豫園 (23)ブログ.JPGa 豫園 (28)ブログ.JPGa 豫園 (29)ブログ.JPGa 豫園 (31)ブログ.JPGa 豫園 (33)ブログ.JPG



nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。